なぜコメント回りが義務化されるのか

なぜコメント回りが義務化されるのか 著 者: 高山直人
コメント回り、あなたは義務的にやっていませんか

自分は毎日やっていましたが、今は殆どやっていません

それは意識的に、コメント回りをしないと取り残される

恐怖感がどこかにあったからだと思います

アフィリエイターが生き残る為のサバイバルという言い方はどうか

わかりませんが、コメント回りは別にしなくてもいくらでもアクセスアップの方法など

あります。あなたは何も心配することはないです

コメント回りを仮に30件するとすれば

1時間は軽くかかります。そして尻軽なコメントだけを残してしまいます

自分はそんなアフィリエイターではないのでしっかりとしたコメントを残して

読者の信頼を得ています

今のペースは1日間隔でやっていますが、時間があるときしかしません

コメント回りを義務化してしまう人は本当に稼ぐのに必死になっている人たち

でしょう。しかしそれで稼げるということとは全く違います

アクセスアップの方法は色々あります。自分は常にコメント周り

イガの方法のアクセスアップ法を常に研究しています

アーティクルマーケティングが一番自分にはあっていると思います

あなたにあったスタイルを見つけるのもいいかもしれません

コメント回りは正直疲れますが、義務化するとダメなので

ほどほどにしましょう

高山流情報商材のススメ

http://jouhousyouzai3.blog.shinobi.jp/
アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

カテゴリー: アクセスアップ パーマリンク